ケミカルピーリング ニキビ跡

ケミカルピーリングでニキビ跡場合の注意点

ニキビ跡の凹凸治療のひとつにケミカルピーリングがあります。

 

ケミカルピーリングとは、肌表面にグリコール酸などの化学薬品を塗布し、古い角質を取る治療法です。古い角質を取り除き、肌本来のターンオーバーを促し、新しい肌に生まれ変わらせることにより、凹凸肌を修復させるという方法です。

 

しかしケミカルピーリングは酸の力を使って肌表面を溶かすことになるので、肌に負担をかけることになるのは避けられません。

 

一般的に副作用として、ひりひり感や赤みが出ることがあります。

 

そして酸で皮膚表面をはがすので、新しい肌は乾燥しやすく敏感な状態です。時間の経過とともに症状は和らいできますが、酸の濃度が強すぎた場合などは肌表面にかさぶたができてしまうこともあります。

 

ケミカルピーリングの治療が終わった後はきれいな肌になりますが、肌に刺激をかけることは確かなので信頼できる専門家に相談して行なうのが最善です。

 

ケミカルピーリングはニキビ跡だけでなく、小じわやくすみなどの改善・解消などにも効果的とされています。