顔 ニキビ跡

顔にニキビ跡を残さないためにのケア

顔にニキビ跡があると、女性も男性も肌に自信がもてないですよね。

 

そこでニキビ跡を顔に残さないために普段から心がけるとよいことをいくつかご紹介します。

 

・ニキビができてしまった時
いちばん良くないことが、ニキビをさわったり自分でつぶしてしまうことです。
また洗顔する時にニキビを強くこすったりしてしまうのも逆効果です。
ニキビができた時はできるだけニキビに刺激を与えないようにすることが大切です。

 

・顔に触れるときは清潔な手で触る
洗顔する時やスキンケアをする前には、必ず手を洗うようにしましょう。
汚いままの手ですると、顔に雑菌が付着してニキビやニキビ跡を悪化させてしまいます。

 

・紫外線対策
ニキビにもニキビ跡にも紫外線は悪影響を与えます。
紫外線は肌のターンオーバーを狂わせ、健康な肌の生まれ変わりを阻害します。
それで季節にかかわりなく、紫外線対策は1年中することをお勧めします。

 

ニキビ跡を顔に残さないために、毎日の少しの心がけを忘れずに実践していきましょう。